順番学研究所のご案内

無料ブログはココログ

« 書籍出版社の数理(14)――何を目的として、値段をつけるべきか? | トップページ | 書籍出版社の数理(15)――本の価格の「最適化」は可能か? あるいは電子書籍の値段は下がるかの考察 »

2011年9月23日 (金)

書籍出版社の数理 番外編――ワークショップで発表します

 2011年10月27日と28日に、明治大学先端数理科学研究科の主催によるワークショップ、「複雑系ゆらぎデータの分析と制御:脳から社会まで」が開催されます。
 そのワークショップで、これまで研究してきた書籍出版社の脆弱性と書籍販売数の分布の関係について、発表の機会をいただきましたので、お知らせします。
 詳しくは、オーガナイザーの高安秀樹先生のブログをご覧ください。私は、2日目の午前中に発表する予定で、内容は本ブログに即したものにするつもりです。

« 書籍出版社の数理(14)――何を目的として、値段をつけるべきか? | トップページ | 書籍出版社の数理(15)――本の価格の「最適化」は可能か? あるいは電子書籍の値段は下がるかの考察 »

出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1377481/41945037

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍出版社の数理 番外編――ワークショップで発表します:

« 書籍出版社の数理(14)――何を目的として、値段をつけるべきか? | トップページ | 書籍出版社の数理(15)――本の価格の「最適化」は可能か? あるいは電子書籍の値段は下がるかの考察 »